還元率の計算方法は手数料と消費税がポイント

HOME » 還元率とは? » 還元率の計算方法は手数料と消費税がポイント

還元率の計算方法は手数料と消費税がポイント

クレジットカード現金化をする際に、重要な項目である還元率という数字。
クレジットカード現金化業者の比較サイトや口コミサイト、ホームページには「還元率95%」や「最大還元率98%」といった広告があります。
現金化業者もビジネスであると考えれば分かることですが、この様な高い還元率でクレジットカード現金化を行えるケースは、ほとんどありません。
業者の利益にならず、ビジネスとして成り立たないためです。

平均還元率は高くても80%程であるといわれており、現金化をする金額が低いほど還元率は下がります。
還元率の計算方法ですが、単純に「還元率95%」という広告通りに計算をすることは危険です。
現金化業者の立場で考えてみると、利益は少なくマイナスにもなってしまいますね。
高い還元率を謳う業者ほど悪質なケースが多いため注意が必要です。

まずはクレジットカード現金化業者に問い合わせを行い、自分が手にしたい金額を提示します。
そこで、還元率を聞き、さらに手数料名目でいくら差し引かれるのかも確認をしましょう。
悪質な現金化業者では、手数料によって実際の還元率が50%になってしまう場合もあるのです。

確認しておくべきポイントとして、クレジットカード現金化業者の行っているサービスは金融業ではないという事です。
キャッシュバック方式の現金化業者であれば分かりやすく、商品の取引を行う現金のプレゼントであるということなのです。
つまり、商品の取引を行っているため消費税がかかるのです。
消費税については、多くのクレジットカード現金化業者で還元率に含まず、契約時まで提示されません。
つまり、税抜表示で還元率が高いことをアピールしているのです。

優良な現金化業者であれば消費税も含む金額で現金化を行うことも可能です。
クレジットカード現金化業者で申し込みを行う前に、確認を行いましょう。
さらに、還元率と合わせて手数料・消費税なども指し引いた計算方法で、手に出来る金額を確認しておくことをおすすめします。