HOME » 還元率とは? » 現金化にかかる手数料とは?

現金化にかかる手数料とは?

クレジットカード現金化で多少でも多く現金を手に入れる為には、還元率の高い現金化業者を選ぶことが重要です。
しかし、実際の還元率とは、どの程度の割合なのでしょうか。
還元率の相場を知っておく事で、現金化業者を選ぶ際の目安にもなるでしょう。

現金化業者の還元率とは、優良な現金化業者であっても最大で98%ほど。
現金化業者もビジネスとして成り立つためには、最大で98%程が限界なのです。
高い還元率でもビジネスが成り立つということは、リピーターが多く一定の顧客が常に利用しているという事でもあります。
しかし、現金化をする金額が少額である場合、還元率は一気に下がる場合があるのです。
一般的には10万円までの現金化であれば、還元率は80%台になります。
現金化をする金額が高額になると還元率が上がり、50万円以上の利用で90%台になる業者が多いです。
さらに、即日現金化である場合なども換金率は下がります。
これは、手数料名目で差し引かれるためです。

一般的に、クレジットカード現金化を行う場合10万円〜20万円程度までの金額を手にしたいケースが多いはずです。
ショッピング枠にも上限があるため、100万円近い金額を現金化する方は非常に少ないのです。
そのため、高い還元率を謳っていても、実際の還元率とは80%台が相場であるといえるでしょう。
加えて、送金手数料などの負担についても確認をしておく必要があります。
少額の利用であっても、90%近い還元率で利用可能であるという業者もいるかも知れません。
しかし、還元率が高い場合であっても手数料を引かれてしまっては意味がありませんね。
クレジットカード現金化には、必ず手数料が必要になると考えておいてよいでしょう。
事前に確認を行わなければ、30%近く手数料名目で差し引かれてしまう場合もあります。
実際に振り込まれた金額はカード決済をした金額の半分ほどであったというトラブルも少なくありません。
商品送料、送金手数料など各種手数料の負担については、事前に確認を行っておきましょう。