HOME » 還元率とは? » 現金化における還元率とは?

現金化における還元率とは?

クレジットカード現金化を専門業者に依頼する場合、還元率は非常に重要なポイントです。
一般的に現金化業者の換金率は80%ほどであるといわれています。
それでは、自分で現金化を行った場合の還元率とはどの程度になるのでしょうか。
少しでもお得に現金化を行うためのポイントを紹介します。

自分でクレジットカード現金化を行った場合、高い還元率を狙うことは出来るのでしょうか。
高い還元率で現金化を行うのであれば、高額で買い取ってもらう事が出来る商品を購入する必要があります。
中古買取専門店では、商品別に買取金額を公表しているため、事前に確認をしましょう。
自分で行う場合、金券の転売が最も高還元となり95%以上になることも。
95%であれば、現金化業者を利用するよりもお得に現金化を行うことが出来ますね。
ただし、カード会社の監視に引っ掛かるというリスクがあります。
カード利用停止などのペナルティを受ける可能性は十分に認識しておきましょう。
さらに、購入する商品や買取ってもらうお店選びを誤ってしまうと非常に低い還元率になってしまいます。
自分で行う場合には、様々なリスクがある事を理解しておく必要があるのです。

自分で行うリスクを回避するために、現金化業者を選択する方も多いでしょう。
現金化業者を利用する際には、比較サイトやホームページなど様々なサイトを確認するはずです。
しかし、サイトに表示されている還元率を鵜呑みにすることは危険です。
消費税や手数料など、還元率とは別に必要となる費用も確認をしましょう。
現金化業者を利用する場合には、必ず問い合わせを行い、還元率や実際に振り込まれる金額などを問い合わせるようにします。

現金化業者の示す還元率とは、基本的に最大還元率です。
90%以上の高い数字を目にしても、疑うようにしましょう。
そして、面倒であっても必ず問い合わせを行い、スタッフの対応を含めて確認をする事をおすすめします。
安全に、お得にクレジットカード現金化を行ってくださいね。