換金と還元率の違いや計算方法とは?

HOME » 還元率とは? » 換金と還元率の違いや計算方法とは?

換金と還元率の違いや計算方法とは?

クレジットカードの現金化業者を利用する際に、重要になるポイントは還元率です。
この還元率は、どのクレジットカード現金化業者を利用するのかを決めるポイントとして必ずチェックをするポイント。
クレジットカードの現金化をする場合、多少でも多く現金を手にしたいと考えるのは当たり前のことです。
還元率は、「換金率」「キャッシュバック率」などと表される場合もあります。

しかし、どちらも意味は同じです。
換金率90%も、還元率90%も同じことです。
どの様に称するのかはクレジットカード現金化業者によって異なりますが、パーセンテージで表されている部分が「差し引かれる割合」である事に変わりはありません。
計算方法は、「換金率90%」であった場合は1万円を換金すると9,000円が振り込まれるという単純なものです。
これは、「還元率90%」であっても同様です。

「還元率」と表記している現金化業者は、キャッシュバック方式でクレジットカードの現金化を行っている業者が多いのです。
キャッシュバック方式とは、業者オリジナルの商品をクレジットカードで購入してもらった方に対して現金を還元するといったものです。
そのため、還元率と表記しているケースが多いのです。
換金率と表記してしまうと、換金目的で商品を購入させるという内容になってしまうため、表現を変えているのだと考えられます。

買取方式でクレジットカード現金化を行っている業者は、「換金率」と表記しているケースが多いのです。
買取方式とは、購入者も換金をする目的で商品をカード決済し、それを現金化業者に買い取ってもらうため、「換金率」と表記していても問題はありません。
買取方式の場合、クレジットカード会社の利用規約違反となる場合はありますが、違法性はほとんどない方法でもあります。

換金率や還元率など、呼び方は 異なりますが、計算方法はどちらも同様です。
しかし、単純に還元率だけではなく手数料などが差し引かれる場合もあるため、十分に注意をしましょう。