HOME » 還元率とは? » クレジットカードの換金とは?

クレジットカードの換金とは?

クレジットカードの換金とは、キャッシング枠を利用するという方法以外には存在しないのではと考える方も多いのではないでしょうか。
クレジットカードの換金とは、広く使われているワードで「クレジットカード現金化」とも呼ばれます。
「クレジットカードの現金化」であれば、街中の広告で目にした事があるという方も多いはず。
そんなクレジットカードの換金に関するリスクを紹介します。

まず、どの様にクレジットカードを換金するのでしょうか。
クレジットカードの換金とは、キャッシング枠ではなくショッピング枠を換金するという事を指します。
ショッピング枠を換金する方法は、主に2つの方法があるのです。
1つは、自分で換金率の高い商品を購入、転売をして換金するという方法。
もう1つは、クレジットカード現金化業者を利用して換金をするという方法です。
どちらの方法が良いのかという問題については、現金を作りたい状況や個人の考え方によります。

具体的には、自分でクレジットカードを換金する場合、クレジットカードの利用停止といったペナルティを受ける可能性が高くなるのです。
この様なリスクは高いものの、換金の方法に成功すると、クレジットカード現金化業者を利用するよりも高い換金率で現金を作る事も可能です。
ただし、商品の購入、転売といった手間は省くことが出来ません。

クレジットカード業者で行う換金とは、クレジットカード利用停止などといったペナルティを受ける可能性は低くなります。
ただし、換金率は平均して80%ほど。
手間もかからず、手軽に換金が出来る点が魅力でもあります。
手軽にクレジットカードを換金したいのであれば、クレジットカード現金化業者、換金にかかる時間も気にならないという方は自分で現金化を行うと良いでしょう。

法律の観点では、クレジットカードの換金はグレーゾーンではあるものの違法ではありません。
カード会社の利用規約では、ショッピング枠の現金化は違反行為であるとされているものの、違法であるとして裁かれることは無いのです。
マイナスなイメージもありますが、消費者金融の様な審査は不要、手軽に現金を手に入れることが出来るクレジットカードの換金は、需要が高いサービスであるといえるでしょう。